蒲池 裕子Yuko Kamachi

私はママを笑顔にする応援サポーターの蒲池裕子(かまちゆうこ)です。「ママの価値をぎゅんと高める講座」通称「#ママ価値」講座の主催をしています。私は結婚をして、子どもを産んでも、すぐに仕事を辞めることはありませんでした。理由は子どもと向き合うだけで私に存在価値があるのかという不安があったからです。

でも輝きベビーメソッドを知ることで母としての存在価値をより見出すことができました。

 

〇子どもたちの成長したい部分が見えてきました。

〇声掛け一つで、子どもと楽しい空間を作ることができました。

〇主人との教育方針の不一致でイライラすることも無くなりました。

 

結果、心のゆとりができて、笑顔が増えました。

子どもに「大好き!」と言ってもらえる機会が増えました。

パパっ子だった息子が、ママの隣で寝てくれるようになりました。  

 

今は、モロー反射残存、寝ている時以外はパワー全開、超負けず嫌いの息子と家でくつろぎの時間を作ることでリラックスしてもらい、自分がやりたいことに集中ができるようになりました。

 

そのお陰か、夏休みの「うんちの研究」が福岡市で優秀賞、福岡県で優良賞をいただくまでになりました。  

恐怖麻痺反射保持者で、毎日毎日「明日はどこ行くの?明日は何食べるの?」と聞いてくる超恐がりの娘に安心を与える言葉がけをしていました。

 

怖がりはまだ続きますが、毎日のあの「明日どこ行くの?何食べるの?」が無くなり、脳科学に基づいた体のマッサージを行うことで、箸を持つ意欲、顔を水につける意欲、文字を書こうという意欲、ストライダーに乗ろうという意欲に変化しています。 輝きベビーの「見守りの仕方」「声掛け」「原子反射」この3つのアプローチで私自身がとても楽になりました。

 

子どもの「なぜ?」が分かると、お子さまに寄り添いやすくなりますよ。

 

今日もママが笑顔で過ごせますように^^

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加